• 世界に一つ手作りショルダーバッグを作る

    ショルダーバッグは日常生活の中で使いやすく、かついろいろなデザインがありコーディネートのワンポイントにもなるファッションアイテムの一つです。お店で売られている商品も素敵ですが、より自分らしさを演出したい、こだわりがあるという人は手作りするのもおすすめです。ショルダーバッグを手作りするのは買うよりも手間も時間もかかりますが、お店で購入するよりも自分らしいものを手に入れることができます。また自分で作ったバッグならばより愛着もわきますし、ほかの人とは決してかぶるこのことのない世界で一つだけのバッグを手に入れることもできます。最近では手芸に自信がない人でも気軽にハンドメイドを楽しめるようなサービスも充実していますから、それらをうまく利用して挑戦してみるといいでしょう。

    手芸に自信がなくても始められるセットや教室の利用

    自分でバッグ作りに挑戦したいけれど、道具もないし手芸も経験がほとんどない、と躊躇する人もいるでしょう。しかし、そのような人でも気軽にバッグづくりを楽しむことができるサービスがたくさんなります。例えば、手芸用品店に行くと、バッグ作りに必要な材料がまとめてセットになって売られている場合もあります。これならば一つ一つ材料を自分でそろえたり型紙を探したりする手間がかからず簡単です。またセットによってはすでに布地がカットされていて縫うだけ、作り方の解説までついているものもありますから、探してみるといいでしょう。また、手芸の経験がない人や道具をあまり持っていない人でも挑戦しやすいサービスがあります。手芸用品店によってはテーマを設けて手芸教室を行っているところもあります。そのような教室を利用して経験者に指導してもらいながら作るのもいいでしょう。

    装飾にこだわってより自分らしさを演出する

    せっかくバッグを手作りするのだから、より自分らしさを出したいと考える人もいるでしょう。その場合、バッグの装飾を工夫することで基本は同じでも違った印象を与えるバッグにすることができます。例えばバッグの外側の部分にレース生地やパッチワーク生地を使ってみるのも素敵です。レースは縁の部分を装飾できるタイプから、そのまま広い部分に縫い付けるタイプのものまで様々です。色も形もたくさんありますから自分の好みのものを探しましょう。また、基本のバッグの生地と違った生地を少し取り入れることでアクセントにもなります。そのほかの装飾としては、スパンコールやビーズ、ボタンなどを縫い付けるだけでもより華やかな印象を出すことができます。基本となるバッグができてきたら、装飾にもひと工夫してより自分らしいバッグにしてみると素敵です。