ショルダーバッグを手作りしてみましょう

自分で作ったアイテムというものは非常に愛着が湧き、より大切に使うようになるものです。普段使えるものなら尚更でしょう。ハンドメイドを趣味としている方も少なくなく、自分のものだけでなく、お友達や家族の分も手作りしているという方もいらっしゃいます。
ホームセンターやクラフトショップなどに行けば様々な材料が手に入るため、既製品のものを買うよりも安価で仕上げることが出来るというのもメリットの一つです。自分の体型や好みのサイズ、形状を自分で決めることが出来るのも魅力的です。
バッグ類は比較的簡単で、手芸初心者の方でも作りやすいアイテムです。ショルダーバッグは普段使いにおすすめのアイテムです。お好みの生地やパーツを揃えて、是非ショルダーバッグを手作りしてみましょう。

ショルダーバッグの簡単な作り方は

どんなものでも同じですが、まずは作りたいデザインをしっかりと決めておくことが必要です。中にどんなものを入れるのかを頭に入れて、サイズやマチの幅、紐の長さなどを設計しておきましょう。
裏布やマチの有無によって縫製方法もかなり変わってきます。肩ひも部分をどのようなデザインにするのかによっても作り方も大きく異なりますので、デザインと縫製順番を同時に考えていくのがポイントです。
そしてベースとなる型紙を作っていきます。手芸店に行けば型紙用の大判紙も販売されています。型紙を作ることによって全体のイメージが固めやすくなり、仕上がりもキレイになります。初心者の方の場合、最初は既製の型紙を使用するのがおすすめです。
作りたいバッグに必要な生地、ボタンや各種カン類などは、あらかじめ揃えておきましょう。

様々なアレンジ方法で個性を出そう

手作りの良さは何と言っても自分で好きなようにアレンジを決められるというところです。例えば生地にも綿やポリエステル、帆布などがあり、厚みや手触りも全然違います。バッグの場合は、汚れに強くて丈夫な素材のものがおすすめです。薄手生地の場合は接着芯を使用するときれいに仕上がります。
ポケットの数や付ける位置も自分の使い勝手の良いように決められます。仕切りやフラップを付けてみたり、ファスナーやボタンで留められるようにしてみるのもおすすめです。
ボタンにもボタン穴タイプ、マグネットタイプ、ホックボタンなど、様々なものがあります。素材やサイズ、デザインも豊富ですので、生地のデザインに合わせておしゃれにアレンジしてみましょう。バッグの端切れを使ってお揃いのくるみボタンやブローチを作ってあげるのおすすめです。

豊富なデザイン・カラーバリエーションで、お気に入りの1点が見つかります。 お支払いは、クレジットカード・代引引換・銀行振込からお選びいただけます。 各地でレザークラフトのワークショップも定期的に開催しています。 ポイントの保有期間は、ご注文日時から1年間となっています。 ギフトラッピングは、ブラウンの包装紙、ペーパーバッグのどちらかをお選びいただけます。丁寧な手作り!本革ショルダーバッグ